ヘアカラーの色持ちを良くするために

秋に向けてカラーチェンジをして、

綺麗な髪色を手に入れている方が増えました。

しかし、せっかく綺麗にカラーリングをした髪も、

しっかり適切なケアをしないと

色落ちが早く、とてももったいないです。

そこで、今回はカラーを長持ちさせる方法についてお話しします。

カラーを長持ちさせるために

shelf がやっていること

カラー剤にこだわる。

これすごく重要です。

やはりヘアカラーにこだわりを持っているサロンで使っている

いわゆる「良いカラー剤」は、

色の発色も綺麗で、

髪と頭皮への負担も少なく

カラー後の手触りも良く

しっかり長持ちします。

次に大切なことは、

お客様の髪質を見極めるということ。

当然、ひとりひとり髪質が異なり、

カラー歴、パーマ歴、ストレート歴、

日頃のケア方法、ライフスタイルが異なります。

同じカラー剤を同じ配合で調合していいわけもなく、

前処理、後処理のトリートメントも使い分ける必要があります。

たとえば、髪の毛を3つに分けたとして、根元部分と中間部分、一番毛先の部分では、ダメージの蓄積具合がまったく異なります。

最近生えた毛と、ロングヘアの方なんかは、毛先は何年も前に生えた髪の毛で、

同じダメージ具合のはずがありません。

ダメージしている部分には、カラー剤を塗布する前に、

適切な処理剤(トリートメント等)を用いることで、

根元から毛先までを均一に仕上げます。

これが結果的に色の持ちにも大きく関わります。

そして、もうひとつの最重要ポイントは、

使用するシャンプー剤です。

カラーをする際に、最も髪の毛に負担を与えている工程は、

カラーを塗るときでも、放置時間でもなく、

カラー剤を落とすシャンプーのときだと言われています。

(場合によっては違うこともあると思いますが)

このシャンプーをむやみに洗浄力の高い、

いわゆる高級アルコール系といわれる

界面活性剤(ラウリル硫酸やラウレス硫酸)を使うと、

どんどん色が抜けます。

また、赤系、青系の色が抜けるのには、

それぞれ異なる界面活性剤が関係しているのです。

赤系の色素の流出が少ない界面活性剤は、

『酸性石けん系界面活性剤』

青系の色素の流出が少ない界面活性剤は、