shelf の Hair Care

こんにちは

自由が丘の美容室 shelf の小泉です

今回は、綺麗な髪の毛を手にいれる方法を記事にしました。

お時間あるときにひまつぶし程度に読んでいただけたらと思います。

髪の毛が傷む原因は様々ありますが、

その原因別にヘアケア方法を考えていきます。

髪の毛が傷む主な原因

①カラーやパーマによるダメージ

②シャンプー剤によるダメージ

③紫外線によるダメージ

④ドライヤーの熱によるダメージ

⑤摩擦によるダメージ

⑥ブラッシングによるダメージ

⑦生活習慣によるダメージ

①カラーやパーマによるダメージ

 カラー剤やパーマ剤には、アルカリという成分が含まれていて、このアルカリが髪の毛のキューティクルを開き、髪の毛の内部の成分に働きかけることによって色が染まったり、カールがついたりします。

 shelf で使用しているカラー剤やパーマ剤は、なるべくダメージの少ないもの、頭皮への負担が少ないものを厳選して使っております。

 また、カラーやパーマをする前には、ダメージを軽減するトリートメントも使用していますのでご安心ください。

 パーマ剤に関しては、髪の毛と同じ酸性の薬も用意しております。

 デジタルパーマや縮毛矯正に主に使用しております。すべて酸性の領域で完結するためpHの無理な移動がなく、髪の毛に対する負担を軽減することができています。

 市販のカラー剤などでは、このアルカリ濃度であったり、ブリーチ力が強ういものが多く、髪の毛への負担はとても大きいです。

 特に白髪を染めるカラー剤には意外かもしれませんがブリーチ力の高いものが多いのでご注意ください